シルバーウエアをインテリアに

イギリス、ヴィクトリアンのシュガーポット。 
アンティークのシルバーのティーセットのシュガーポットはミルクピッチャーよりもはるかに大きいです。当時、高級品だった砂糖をお客様に大きなポットでふんだんにお出しするのも一つの富の象徴でした。 砂糖が一般的になっていき、時代と共にシュガーポットのサイズはコンパクトになっていきます。 そういえば使わないですね、シュガーポット。私が子供の頃はグラニュー糖の入ったシュガーポットが家にありましたがいつの間にかスティックシュガーや固形のお砂糖ばかりですものね。

そんなしっかり大きいシュガーポットを我が家ではキッチンカウンターでペン立てにしています。たっぷり大きいのでハサミもカッターナイフも何でも入ります。 ミルクジャグの方はチャッカマン(なんて色気のない色!)とスニッファー(火消し)のキャンドルセットを。 これらは銀無垢ではなく一般的で手頃なシルバープレイテッド(銀メッキ)なのでカジュアルに普段使いしています。


これは夫のデスク用品。個人的にラタンとシルバーの組み合わせが大好きです。 メモ帳や電卓を入れているラタンのトレイの中に、やはりシルバープレイテッドのミルクジャグに背の高い文具を、シルバーのマグに背の低い文具を、エッグスタンドにクリップを。
少しずつ気に入って買い集めた銀器たちをこうして使っています。


こちらは大きなゴブレット。飲み物のためのカップですが花瓶にしています。 これもシルバープレイテッドの掘り出し物。
ちなみに後ろに見えるペッパーミルは現代もののステンレス製(笑)。トレイはビクトリアンのシルバープレイテッドです。テーブルからトレイを持ち上げやすいように足がついています。



同じく花瓶として使っているのが背の高めのピッチャー。 水切りを繰り返しすっかり丈の短くなったお花を活けるのにも何となく格好がついて重宝します。

こんな使い方は邪道化もしれませんが、気に入ったものをいつも目にする場所で使う事で、見る度に小さくて大きな幸せを感じる事ができるのです。
また、はぐれてしまい単品になったシルバーの器はセットと違い手頃な価格で買えるのも魅力です。 今回のV&A Marketではこんな普段使いの出来る単品アイテムを色々ご用意しています♪

また次回、別の使い方もご紹介したいと思います。

Boutique Salon de Ailes D’or & FAVORI V&A Market
日時:2019年11月30日(土) 12月1日(日)
   12:00 ~ 19:00
場所:アトリエ ファヴォリ サロン
   東京都港区南青山6‐2‐2 南青山ホームズ204
   03-6427-3203
*ご予約は不要ですが、初めてのお客様は事前にお電話または
 メール infoアットマークatelier-favori.com にてお気軽にご一報くださいませ。

芸術の秋

秋なのですね、もう11月ですもの、そういえば。 芸術の秋です。

文化の日にふさわしく今日は、お誘いいただき紀尾井ホールでドヴォルザークとブラームスのピアノ五重奏を。異国情緒あふれる楽曲と繊細に重なり合う紳士的な響きに酔いしれました。

帰り道すがら、ニューオータニで生クリームたっぷりの大きなショートケーキを頂き、ビックカメラでiphone11proのカメラの性能を確認し、散歩がてらお夕飯の買い物をして帰宅。
久しぶりに休日らしいリラクシングな日曜でした。

FAVORI V&A MARKET のお誘い

定期的に当サロンで開催される、コスチュームジュエリーの Ailes D’or様の次回の月例サロンと同時開催で、FAVORI V&A Marketを同時開催致します。

Ailes D’or のオーナーデザイナーの和氣生枝さんのカジュアルからエレガントまで幅広く揃うジュエリーは胸が高鳴り通し、私も大ファンでしっかりお世話になっております。最近ファインジュエリーの Ikue Waki コレクションも発表されました。 
私もそうですが、特にイアリング派の方にはとてもお勧め。カジュアルに使えて、遊び心が見えるけれど大人っぽくて若い子ブランドともデパートに並ぶアクセサリーとも違う、そんなイアリングが見つかりますよ! 是非ご覧ください♪

さて、V&A といえばロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムですが、今回のこのV&Aはヴィンテージ&アンティークの略をキャッチーに名付けました。(ヴィンテージとアンティークの境目は100年、アールデコの時代の物はまだビンテージのものも多いのです)

今回は個性あふれるカップ&ソーサー+ケーキ皿のトリオと呼ばれる3点セットの数々、白蝶貝のハンドルのカトラリーセット、シルバ―のコーヒースプーンセット、シュガーポットを中心としたカジュアルなシルバーウエア、古地図や版画を額装した額絵等、が並びます。
このマーケット、実は今回は2度目なのです。1度目はひっそりとほんの少量だけ並べたのですがあっという間に完売してしまいましたので、今回は多めに、私が『自分の家に置きたいもの基準』で仕入れてきたアイテムを販売致します。

特にシルバープレイテッド(銀メッキ)のテーブルウエアはデスクやインテリアで普段使いしていただきたく、そんな方法も次回ご紹介したいと思います。

Boutique Salon de Ailes D’or & FAVORI V&A Market
日時:2019年11月30日(土) 12月1日(日)
   12:00 ~ 19:00
場所:アトリエ ファヴォリ サロン
   東京都港区南青山6‐2‐2 南青山ホームズ204
   03-6427-3203
*ご予約は不要ですが、初めてのお客様は事前にお電話または
 メール infoアットマークatelier-favori.com にてご一報くださいませ。
      

 

気付けば、、、

London チェルシーハーバーデザインセンター

あっという間に⁈ もう11月!! 
最後の更新から随分と間が空いてしまいました。

9月10月の2度のロンドン出張の事、イベントの事、雑誌掲載の事、
たくさんお伝えしたことがあるもののなかなか追いつかず。。。
急いで数回に渡りお伝えしたいと思います。

ナイトスタンドの重要性

寝室では、大好きなポルタロマーナのガラスの小さなスタンドにを使っています。 

先日、ちょっとしたトラブルがあり2台揃って修理に出しました。
その間約1週間。

毎晩倒れ込むようにベッドに入りすぐに意識のなくなる私、ベッドサイドランプをそんなに使っている意識がなかったのですが、、、その一週間のなんと不自由なことよ!! 不自由?不便?いえ、、、そんな言葉はありませんが『不快適』。 

寝室にはランタン型のペンダントが吊るしてあり、白熱電球で調光も出来るようにしてありますのでそれで一週間しのぎましたが、毎晩スタンドに手を伸ばそうとしては“あ、今ないんだった。早く戻ってこないかなぁ”の繰り返し。

そこで、私が寝る時の寝室に入ってから眠りにつくまでの一連の動きをよくよく思い出してみると、、、


部屋の入口のスイッチでペンダントライトを点ける → ベッドサイドのスタンドを点灯する → ペンダントライトを消灯する → スタンドの灯りを調光で落とす → ベッドに入って寝る準備をする → スタンドを消して寝る


疲れているからヘロヘロバタンキューだと思っていましたのですが、ベッドサイドのスタンドが意外な程に私の毎日でしっかりとした役割を果たしてくれていたのでした。 寝つきが良いのは、このスタンドの落とした灯りの中で過ごす時間のワンクッションのおかげなのだと気づかされました。 この時間にメラトニンという睡眠に不可欠なホルモンが分泌されているのです。

パリで買った水晶のお月さま

寝室の照明環境はどうなっていますか? 天井についている照明器具を取り換えるのは大変かもしれませんが、ベッドサイドにスタンドを追加するのは簡単ですね。そして重要なの光源(電球)です。 白熱灯もしくは電球色で演色性がRa80以上ののもを使いましょう。 昼白色の白い光の照明では効果はありません。) 

是非お休み前には、天井の灯りを消した後、温かみのある色のほの暗い照明環境で過ごす時間を取ってみてください。