ナイトスタンドの重要性

寝室では、大好きなポルタロマーナのガラスの小さなスタンドにを使っています。 

先日、ちょっとしたトラブルがあり2台揃って修理に出しました。
その間約1週間。

毎晩倒れ込むようにベッドに入りすぐに意識のなくなる私、ベッドサイドランプをそんなに使っている意識がなかったのですが、、、その一週間のなんと不自由なことよ!! 不自由?不便?いえ、、、そんな言葉はありませんが『不快適』。 

寝室にはランタン型のペンダントが吊るしてあり、白熱電球で調光も出来るようにしてありますのでそれで一週間しのぎましたが、毎晩スタンドに手を伸ばそうとしては“あ、今ないんだった。早く戻ってこないかなぁ”の繰り返し。

そこで、私が寝る時の寝室に入ってから眠りにつくまでの一連の動きをよくよく思い出してみると、、、


部屋の入口のスイッチでペンダントライトを点ける → ベッドサイドのスタンドを点灯する → ペンダントライトを消灯する → スタンドの灯りを調光で落とす → ベッドに入って寝る準備をする → スタンドを消して寝る


疲れているからヘロヘロバタンキューだと思っていましたのですが、ベッドサイドのスタンドが意外な程に私の毎日でしっかりとした役割を果たしてくれていたのでした。 寝つきが良いのは、このスタンドの落とした灯りの中で過ごす時間のワンクッションのおかげなのだと気づかされました。 この時間にメラトニンという睡眠に不可欠なホルモンが分泌されているのです。

パリで買った水晶のお月さま

寝室の照明環境はどうなっていますか? 天井についている照明器具を取り換えるのは大変かもしれませんが、ベッドサイドにスタンドを追加するのは簡単ですね。そして重要なの光源(電球)です。 白熱灯もしくは電球色で演色性がRa80以上ののもを使いましょう。 昼白色の白い光の照明では効果はありません。) 

是非お休み前には、天井の灯りを消した後、温かみのある色のほの暗い照明環境で過ごす時間を取ってみてください。

 

テルツァーニ社「アトランティス」の存在感

Terzani

吹き抜けのダイニングに足場を組んで設置しているのは、イタリア・テルツァーニ社製の「アトランティス」という、無数の細い華奢なチェーンで構成されるシャンデリアです。

触れずにはいられないその裾を手繰ると、デザイナーの名前の記されたタグがひっそりと隠れるように吊るされており、”Sexy” よりも ”Sensual” (官能的) という言葉の方が似合う、そんな色香の漂う貫禄の存在感です。

アトリエ ファヴォリでは日本で取り扱いのないメーカーの商品も直接輸入し、プロジェクトに取り入れております。 家具やアートに比べ電気機器である照明器具だけは、輸入し販売をするにあたり経産省への事業者届出や各種検査等が必要な為ハードルが高いのですが、弊社は電気用品安全法に基づき届出をしており、お取り扱いが可能です。

旅先で恋に落ちた(日本では売られていない)あの照明がどうしてもどうしても欲しい!そんな時はご相談ください。

name-of-designer

installation

セミナーのご案内

リフォームフェア

ご案内が直前となってしましたが、今週末11/12日にTDY東京コラボレーションショールームにて開催されます 「家づくり&リフォームフェア」 の中でミニセミナーを担当させて頂きます。

6月12日(日)住まいづくりセミナー C会場 13:00 ~ 13:40
「心と身体に快適な照明計画とLEDの取り入れ方」

そもそもLEDって?白熱灯や蛍光灯とどう違うの?といった基本情報から、まだまだ発展途上なLED器具をどんなふうに住宅に取り入れたら良いのかその方法や注意点、お洒落でムーディーで科学的な根拠に基づいた健康的で快適な照明計画のコツなどを40分間にギュギュッと詰め込んでお話しする予定です。

お陰様でお申し込みが定員に近づいているそうです。
ご興味がございましたらお申し込みはこちらからどうぞ。

Atelier FAVORI

PHテーブル限定モデルのご紹介

91623-1-2-02-PH-Kobber-Bord

限定色

皆さま楽しい夏休みをお過ごしになられましたでしょうか。

まだまだ暑い日が続きますが、暦の上では秋。 自宅の周囲ではセミに交じって、何となく切ない夏の終わりを想わせるヒグラシ声が聞こえてきます。

そんな中、事務所のデスク用にと4月にオーダーした照明器具の入荷予定の案内FAXが届きました。  ルイスポールセンのPHテーブルの限定モデルです。
PHテーブルと言えば京都の有名旅館や全国の美術館やホテルでも数多く採用されているルイスポールセンの代表的なテーブルランプの一つです。 乳白ガラスを透過した光がとても柔らかく、空間を優しく照らす器具で、通常は金属部分がシルバー・クロム色ですが、今回、銅色のモデルが日本では今年3月から8月までの5カ月間(EU圏内とアメリカは5月末までの3カ 月)の期間限定受付、その数だけデンマークで受注生産されます。

上の写真・下記説明文は、ルイスポールセンのWebsiteからの引用です。

三枚のシェードが大部分の光を下方に反射すると同時に眩しさを100%取り除く、機能美あふれるデザインです。
シェード形状には対数螺旋というカーヴを採用しています。乳白ガラスと銅製の2種類のトップシェードがセットで同梱され、用途や望まれる雰囲気に応じて使い分けが可能です。
乳白ガラスのトップシェードは光を上方へも透過し、柔らかな拡散光を部屋に広げます。
銅製シェードは光を上に向けず、テーブル面に光を集めます。(銅製トップシェードは白色塗装したメタルシェードを下側に組み込む二重構造。)
2枚目と3枚目の乳白ガラスシェードからの透過光が周囲を照らします。
1928年にデザインされた名作ランプのリミテッド・エディションとして、ヘニングセンのオリジナル設計図にもとづき2015年3月から8月末まで限定受注します。

色/仕上 :  銅、ポリッシュ仕上、無塗装    乳白色ガラス、内面フロスト仕上
材質 :  シェード : 銅(内面シェードはアルミ白色塗装)、乳白吹きガラス
シェードホルダー : 真鍮、銅メッキ       ベース:銅

実物は六本木のルイスポールセンのショールームでご覧になれます。
受付締め切りの8月末まで2週間を切ってしまいましたが、秋の夜長に備えて素敵な照明器具をお探しの方にいかがでしょうか。 Atelier FAVORIでも8月末までご注文お受け致します。

本日はご案内まで。

はじめまして

wblg1
はじめまして。
Atelier FAVORI  インテリアデザイナーの石黒久美子です。

“FAVORI”(ファヴォリ) とはフランス語で「お気に入り」の意。
あなたの空間が 「お気に入り」 で満たされた
「世界で一番好きな場所」 であることが私の願いであり、
そうするためのお手伝いをさせて頂くのが私の仕事です。

上の写真はロンドンのサウスケンジントンにある、
とてもお洒落なデザインホテルThe Ampersand Hotel の階段を
地下から見上げたところ。
「光の詩人」 と呼ばれる照明界の巨匠 インゴ・マウラ―のデザイン、
電球から生えた翼が可愛らしい “Birds Birds Birds”  がずーっと
最上階までの階段室の吹き抜けを羽ばたいています。
これだけの数の「小鳥ちゃん」軍団は恐らく世界で最大かと思われます。
この光景は壮観で、美しく、そして愛らしく、
その上、通常は面倒と感じる階段の上り下りを楽しくもしてくれます。
インテリアにはそんな素敵な魔力もあるのです。

これから、インテリアの楽しさについての様々な情報やTipsを皆さまと
シェアしていけたらと思っております。

さぁ、ステキで楽しいインテリアの世界をご一緒に♪

Atelier FAVORI