シルバーウエアの使い方FAVORI流vol.2

冷たい雨の冴えないお天気が続きます。こんな週末は快適なお家の中でのんびり過ごしたいですね。
前回に引き続き、FAVORI流シルバーウエアのカジュアルな使い方のご紹介です。

我が家では、シルバープレイテッドのシュガーポットがアサリや枝豆などが食卓に上がる時の殻入れとして大活躍しています。ホームパーティーでピスタチオ、銀紙に巻かれたチョコレートやチーズを並べた時などにも、殻入れとしてテーブルの上に置いても景色を乱すことなくお役目を果たしてくれ、とても便利なのです。

 

イギリスの朝食に薄いトーストを何枚も立てて出すためのトーストラック(左上)は、私の自宅でも会社でもレターラックとして使っています。
また、シルバーのヴィンテージのペントレイ(右下)はキッチンでソルト&ペッパーの受け皿として使っています。


もはや本来の使い方 “以外” の使い方しかしておりませんが、こんな風にアイディア次第でいかようにも。 シルバーウエアは揃っていないと、、、なんて敷居を上げる必要は全くなく、ご自身が “きれいだな” “素敵だな”と思うものを飾っておくだけでなく気軽に使うことで、毎日の暮らしに小さなトキメキとワクワクが確実に増えるはずです♪

プレイテッドであってもシルバーですので時間が経つと変色してきます。お手入れが少し面倒かもしれませんが、私はスプレー、クリーム、リキッド、クロス何が使いやすいか色々試して楽しんでいます。靴やバッグを磨くのと同じこと。そう思うとハードルが下がりませんか?


今月末のエールドール様のサロンイベントでは、数はそれほど多くありませんが、様々な使い方をご提案できるシルバーの単品アイテムも並べてお待ちしております。是非お越しください。お待ちしております♪

Boutique Salon de Ailes D’or & FAVORI V&A Market
日時:2019年11月30日(土) 12月1日(日)
   12:00 ~ 19:00
場所:アトリエ ファヴォリ サロン
   東京都港区南青山6‐2‐2 南青山ホームズ204
   03-6427-3203
*ご予約は不要ですが、サロンにいらっしゃるのが初めてのお客様は事前にお電話、
 メール  info アットマーク atelier-favori.com
メッセンジャー等で事前にご一報くださいませ。どうぞお気軽に♪

シルバーウエアをインテリアに

イギリス、ヴィクトリアンのシュガーポット。 
アンティークのシルバーのティーセットのシュガーポットはミルクピッチャーよりもはるかに大きいです。当時、高級品だった砂糖をお客様に大きなポットでふんだんにお出しするのも一つの富の象徴でした。 砂糖が一般的になっていき、時代と共にシュガーポットのサイズはコンパクトになっていきます。 そういえば使わないですね、シュガーポット。私が子供の頃はグラニュー糖の入ったシュガーポットが家にありましたがいつの間にかスティックシュガーや固形のお砂糖ばかりですものね。

そんなしっかり大きいシュガーポットを我が家ではキッチンカウンターでペン立てにしています。たっぷり大きいのでハサミもカッターナイフも何でも入ります。 ミルクジャグの方はチャッカマン(なんて色気のない色!)とスニッファー(火消し)のキャンドルセットを。 これらは銀無垢ではなく一般的で手頃なシルバープレイテッド(銀メッキ)なのでカジュアルに普段使いしています。


これは夫のデスク用品。個人的にラタンとシルバーの組み合わせが大好きです。 メモ帳や電卓を入れているラタンのトレイの中に、やはりシルバープレイテッドのミルクジャグに背の高い文具を、シルバーのマグに背の低い文具を、エッグスタンドにクリップを。
少しずつ気に入って買い集めた銀器たちをこうして使っています。


こちらは大きなゴブレット。飲み物のためのカップですが花瓶にしています。 これもシルバープレイテッドの掘り出し物。
ちなみに後ろに見えるペッパーミルは現代もののステンレス製(笑)。トレイはビクトリアンのシルバープレイテッドです。テーブルからトレイを持ち上げやすいように足がついています。



同じく花瓶として使っているのが背の高めのピッチャー。 水切りを繰り返しすっかり丈の短くなったお花を活けるのにも何となく格好がついて重宝します。

こんな使い方は邪道化もしれませんが、気に入ったものをいつも目にする場所で使う事で、見る度に小さくて大きな幸せを感じる事ができるのです。
また、はぐれてしまい単品になったシルバーの器はセットと違い手頃な価格で買えるのも魅力です。 今回のV&A Marketではこんな普段使いの出来る単品アイテムを色々ご用意しています♪

また次回、別の使い方もご紹介したいと思います。

Boutique Salon de Ailes D’or & FAVORI V&A Market
日時:2019年11月30日(土) 12月1日(日)
   12:00 ~ 19:00
場所:アトリエ ファヴォリ サロン
   東京都港区南青山6‐2‐2 南青山ホームズ204
   03-6427-3203
*ご予約は不要ですが、初めてのお客様は事前にお電話または
 メール infoアットマークatelier-favori.com にてお気軽にご一報くださいませ。

FAVORI V&A MARKET のお誘い

定期的に当サロンで開催される、コスチュームジュエリーの Ailes D’or様の次回の月例サロンと同時開催で、FAVORI V&A Marketを同時開催致します。

Ailes D’or のオーナーデザイナーの和氣生枝さんのカジュアルからエレガントまで幅広く揃うジュエリーは胸が高鳴り通し、私も大ファンでしっかりお世話になっております。最近ファインジュエリーの Ikue Waki コレクションも発表されました。 
私もそうですが、特にイアリング派の方にはとてもお勧め。カジュアルに使えて、遊び心が見えるけれど大人っぽくて若い子ブランドともデパートに並ぶアクセサリーとも違う、そんなイアリングが見つかりますよ! 是非ご覧ください♪

さて、V&A といえばロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムですが、今回のこのV&Aはヴィンテージ&アンティークの略をキャッチーに名付けました。(ヴィンテージとアンティークの境目は100年、アールデコの時代の物はまだビンテージのものも多いのです)

今回は個性あふれるカップ&ソーサー+ケーキ皿のトリオと呼ばれる3点セットの数々、白蝶貝のハンドルのカトラリーセット、シルバ―のコーヒースプーンセット、シュガーポットを中心としたカジュアルなシルバーウエア、古地図や版画を額装した額絵等、が並びます。
このマーケット、実は今回は2度目なのです。1度目はひっそりとほんの少量だけ並べたのですがあっという間に完売してしまいましたので、今回は多めに、私が『自分の家に置きたいもの基準』で仕入れてきたアイテムを販売致します。

特にシルバープレイテッド(銀メッキ)のテーブルウエアはデスクやインテリアで普段使いしていただきたく、そんな方法も次回ご紹介したいと思います。

Boutique Salon de Ailes D’or & FAVORI V&A Market
日時:2019年11月30日(土) 12月1日(日)
   12:00 ~ 19:00
場所:アトリエ ファヴォリ サロン
   東京都港区南青山6‐2‐2 南青山ホームズ204
   03-6427-3203
*ご予約は不要ですが、初めてのお客様は事前にお電話または
 メール infoアットマークatelier-favori.com にてご一報くださいませ。
      

 

布と硝子に咲いた花展

布と硝子に咲いた花展1

昨夜は代官山・ゼロファーストデザイン ショールームにて開催中の「布と硝子に咲いた花展」フラワーアーティストの川崎景太さんのお花、梨園染 戸田屋商店さんの手ぬぐい 江戸切子 華硝さんのガラスのコラボレーションイベントのレセプションにお邪魔致しました。
日本の伝統工芸と川崎景太さんのクリエイティヴィティの融合、おぉ~っ!という感嘆と、うっとりするため息と、どれもこれも作品の前に佇んで見入ってしまうものでした。

ちょうど今週末からヨーロッパ出張の為、Japanses tea towel 手ぬぐいをお土産にと、あの人この人イメージを思い浮かべながら選びました。

布と硝子に咲いた花展2

マギーズ東京 チャリティーコンサート

マギーズ東京1

マギーズ東京という施設をご存知でしょうか。

英国発祥のマギーズセンターは、癌を経験した方、そのご家族、ご友人など癌に影響を受ける全ての人が気軽に訪れられる相談支援の場で、東京には豊洲にそのセンターがあります。 マギーズの運営は全て寄付によって支えられているとの事です。 以前からそのセンターについてはお話を伺い存じ上げておりましたが、今回初めてチャリティーコンサートに行き、活動について伺って参りました。(今回、お恥ずかしながらチケットはご招待にて頂戴しました為、その分募金箱にしっかり寄付をしてまいりました☆)
私も最愛の祖父を癌で亡くし、また友人の一人も幼子を抱えながら十数回に及ぶ手術を繰り返し特殊な肉腫と戦い続けており、きっと私に限らず癌は皆さんのごく近くに存在しているものだと思います。 そうした中、特に癌を抱え戦っていらっしゃる方にはこういう施設の存在というのはとても心強い支えとなるのではと思います。

マギーズ東京2

さて、若きアメリカ人バイオリニスト・ベンジャミン ベイルマン氏とピアニスト・江口 玲氏による演奏は本当に素晴らしいものでした。
バイオリンは弦と弓との摩擦で音の出る楽器ですが、まるで弓が弦に触れずその間の空気の振動で音が奏でられているかのような、言葉では表現しきれない繊細さと軽やかさに満ち溢れたその音色は、ベイルマンの卓越した技術と、そして彼の使う1709年(310年前?!) 製のストラディヴァリウスの魔術とが共鳴しての賜物だったのだと思います。あのような演奏を聴けたことは大きな大きな幸せでした。

日々の業務に忙殺され、なかなかボランティアやチャリティーに積極的な活動が叶いませんが、こうして出来る限り出来る形で参加していきたいと思います。