布と硝子に咲いた花展

布と硝子に咲いた花展1

昨夜は代官山・ゼロファーストデザイン ショールームにて開催中の「布と硝子に咲いた花展」フラワーアーティストの川崎景太さんのお花、梨園染 戸田屋商店さんの手ぬぐい 江戸切子 華硝さんのガラスのコラボレーションイベントのレセプションにお邪魔致しました。
日本の伝統工芸と川崎景太さんのクリエイティヴィティの融合、おぉ~っ!という感嘆と、うっとりするため息と、どれもこれも作品の前に佇んで見入ってしまうものでした。

ちょうど今週末からヨーロッパ出張の為、Japanses tea towel 手ぬぐいをお土産にと、あの人この人イメージを思い浮かべながら選びました。

布と硝子に咲いた花展2

マギーズ東京 チャリティーコンサート

マギーズ東京1

マギーズ東京という施設をご存知でしょうか。

英国発祥のマギーズセンターは、癌を経験した方、そのご家族、ご友人など癌に影響を受ける全ての人が気軽に訪れられる相談支援の場で、東京には豊洲にそのセンターがあります。 マギーズの運営は全て寄付によって支えられているとの事です。 以前からそのセンターについてはお話を伺い存じ上げておりましたが、今回初めてチャリティーコンサートに行き、活動について伺って参りました。(今回、お恥ずかしながらチケットはご招待にて頂戴しました為、その分募金箱にしっかり寄付をしてまいりました☆)
私も最愛の祖父を癌で亡くし、また友人の一人も幼子を抱えながら十数回に及ぶ手術を繰り返し特殊な肉腫と戦い続けており、きっと私に限らず癌は皆さんのごく近くに存在しているものだと思います。 そうした中、特に癌を抱え戦っていらっしゃる方にはこういう施設の存在というのはとても心強い支えとなるのではと思います。

マギーズ東京2

さて、若きアメリカ人バイオリニスト・ベンジャミン ベイルマン氏とピアニスト・江口 玲氏による演奏は本当に素晴らしいものでした。
バイオリンは弦と弓との摩擦で音の出る楽器ですが、まるで弓が弦に触れずその間の空気の振動で音が奏でられているかのような、言葉では表現しきれない繊細さと軽やかさに満ち溢れたその音色は、ベイルマンの卓越した技術と、そして彼の使う1709年(310年前?!) 製のストラディヴァリウスの魔術とが共鳴しての賜物だったのだと思います。あのような演奏を聴けたことは大きな大きな幸せでした。

日々の業務に忙殺され、なかなかボランティアやチャリティーに積極的な活動が叶いませんが、こうして出来る限り出来る形で参加していきたいと思います。

日光インテリアバスツアーと金谷ホテル

japanese-traditional-window

株式会社ユザワ様とインテリア産業協会共催の「日光インテリアバスツアー」に参加させていただきました。 今回のツアーの訪問先は日光金谷ホテルと日光田母沢御用邸です。

この春の一部客室と食堂のソフトファーニッシングのリニューアルプロジェクトのデザインを担当致しました日光金谷ホテルでは、メインダイニングにて美味しいランチに舌鼓を打った後、少しですが今回のデザインのコンセプトや実際に使用したマテリアルについてのお話をさせていただきました。 続いて客室やホテル内の見学、ご一緒した皆様からカーペットの柄の向きやカーテンの縫製方法についてなど多くの質問を受けました。

その後は移動して日光田母沢御用邸の見学。日本建築の美しさ、粋、雅、侘び寂び。 外の緑と少しひんやりする小雨も相まって美しく、是非また違う季節にも静かにゆっくりと見学に訪問したいと思います。

日光金谷ホテルプロジェクトのデザインのご依頼をくださり、また今回のバスツアーにご招待くださいました株式会社ユザワ様、ありがとうございました。ツアーにご一緒させて頂きました皆様、ありがとうございました。

Nikko-Kanaya-Hotel-Guestroom4

Japanese-Curtain

Nikko-Kanaya-Hotel-Guestroom2

Nikko-Kanaya-Hotel (1)

 

セミナーのご案内

リフォームフェア

ご案内が直前となってしましたが、今週末11/12日にTDY東京コラボレーションショールームにて開催されます 「家づくり&リフォームフェア」 の中でミニセミナーを担当させて頂きます。

6月12日(日)住まいづくりセミナー C会場 13:00 ~ 13:40
「心と身体に快適な照明計画とLEDの取り入れ方」

そもそもLEDって?白熱灯や蛍光灯とどう違うの?といった基本情報から、まだまだ発展途上なLED器具をどんなふうに住宅に取り入れたら良いのかその方法や注意点、お洒落でムーディーで科学的な根拠に基づいた健康的で快適な照明計画のコツなどを40分間にギュギュッと詰め込んでお話しする予定です。

お陰様でお申し込みが定員に近づいているそうです。
ご興味がございましたらお申し込みはこちらからどうぞ。

Atelier FAVORI

Interior Life Style Tokyo 2016

ilt

去る6月1日~3日、東京ビッグサイトにてインテリアや生活雑貨の見本市 「インテリア ライフスタイル 東京 2016」 が開催され、最終日の3日、駆け足で回って来ました。

現在進行中又はこれからのプロジェクトに使えそうな商材の情報収集の為、既にお取引のあるメーカーさんの新作を拝見したり、魅力的な商品を展示されているメーカーさんに詳しくお話を伺ったりカタログをお願いして参りました。

数百社に及ぶ展示ブースを回った中でも印象深かったのOch 。デザイナーのテイヤ・ブルーンさんとお会いし、楽しくお話を伺うことが出来ました。 テイヤさんは有名北欧ファブリックメーカーから数々のコレクションを発表されている一流テキスタイルデザイナーです。 スエーデンの美しい湖とそれを取り囲む森を見渡せるご自宅アトリエのお庭で大好きなガーデニングを楽しみ、自然との触れ合いを通して創作のインスピレーションを得るとのこと。 デジタルではなく、敢えて手描きにこだわり、水彩色の色の混ざり加減や優しいタッチを大切にしたいとおっしゃっていました。 会場で拝見したデザインは今回の展示会来場者の反応を見つつ、柄の大きさや組み合わせなどを今後再検討し商品化していくとのこと。 子供部屋に是非取り入れてみたい優しくチャーミングなデザインのファブリックと壁紙、完成が楽しみです。

image5

そしてもう一つ、個人的に “欲しい!” と思ったのが”Le Petit Dakar” の、アフリカはセネガルで作られているというこちらのチェア。

chairsキッチュでカラフルな色合い、丈夫で比較的軽量、座り心地もとても良く、お値段もお手頃。 好きな色で多色編みもお願いできるとの事。 ちょうどバルコニー用の家具をアレコレ探している私は早速オーダーしてしまいそうです。

Atelier FAVORI