アートの飾り方の潮流

image1

 この写真を撮った時点ではまだTVボードが入っておらず未完成の状態ですが、
つい先日完了し現在撮影待ちのご物件のリビングルームです。

ソファの上に掛かっているのは、1月のパリ出張直前に大慌てで額装に出していた
140cm角サイズのエルメスのシルクスカーフ。
”ここにはオレンジ系の巨大なスカーフをアートとして飾りたい!!”
と何店舗もショップを巡り、二子玉川店で運命の出会い。
入店5分で「コレ頂きます」と即決でした。

スカーフ ストーリーはさて置き、今回お話したいのはインテリア アートの飾り方です。

先にも触れた、パリ出張の目的の一つでもあるインテリアの見本市の会場内、
特にラグジュアリーブランドのブースを回って驚いた事が!
どこも、ソファ、マントルピース(暖炉)、コンソールテーブルの上などに
巨大なアートをド~~~ンと飾っているではありませんか。
(出発前にスカーフを額装に出していた私が
心の中でガッツポーズしたのは言うまでもありません・笑)

ここ暫くのスタイルとして、複数の小振りなフレームやミラーなどを
バランスよくレイアウトして飾るのがお洒落な壁のデコレーションの定番ですが、
最近のヨーロッパのインテリアを観察していますと、
英国の高級壁紙ブランド De Gournay に代表される様な花鳥風月や風景が
描かれた壁(紙)を一つの大きなアートの様に見立てたデザインと併せて、
絵画やタペストリーなどの巨大なアートをダイナミックにド~~~ン
と飾る手法が着々と増えつつあります。

天井が低く、壁面の少ない日本の住宅事情ではなかなか難しいかも知れませんが、
迫力と存在感のあるアートの飾り方、上手にカッコよく取り入れて行きたいですね。

Atelier FAVORI